Google アナリティクスの統計

generated by GADWP 

英語 :翻訳 の苦悩 文法 の誤り

Yahooニュースからの引用です。

原文は以下のURLからご覧ください。

 

消えゆくWhom

消えゆく「Whom」、文法上の誤りとの戦い

ツイッターのユーザーが自分のホームページを開くと、画面の上部にボックスが表示される。その中には、グレーの文字でこう書かれている。「Who to follow(フォローすべき人)」と。

 

この「Who」の使い方は文法的に正しいのか? もちろん、間違っている。

 

多数のツイッターユーザーが、青いチェックマークの入った認証済みアカウントを持つ人たちを含め、文法上のこの誤りに不満を表明している。ツイッターの広報担当者ブリエル・ビラブランカ氏によると、社内で検討した結果、これらの「Whom派」は健闘したものの、

より自然なリズムが選ばれ、「Who派」が勝利したという。ヘミングウェイの小説「For Whom the Bell Tolls(誰がために鐘は鳴る)の言い回しを借りれば、いわば「The Bell Tolls for ‘Whom’(『Whom』への弔鐘)」だ。

 

こうした文法に無頓着な行為に納得できない人は少なくない。そういった人の

1人が、グーグルのシステムエンジニアのトーマス・シュタイナー氏だ。

 

独ハンブルク在住・在勤のドイツ人であるシュタイナー氏は、ツイッターの言葉が気にかかると話す。

「(英語の)ネイティブスピーカーでない私は、この言葉を学ぶのに多大な努力をする。英語をもっと分かっていてしかるべき人たちが、よく分かっていないのだ」

 

同氏は空き時間を使い、「who」を自動で「whom」に直す無償のプラグインプログラムを作成した。このプログラムのユーザーの1人は、「彼(シュタイナー氏)がインターネットを直した」と叫んだ。

 

シュタイナー氏は、英国の脚本家ジェームズ・T・ハーディング氏に共感している。

ハーディング氏は10代の頃、ミュージックビデオを見ては、歌詞の中のwhoをwhomを直していたものだった。彼が「Grand Order of the Whomic Empire」という仮想グループを設立したのは、この頃だ。ハーディング氏は、訪問数の少ないフェイスブックのグループ「Whom Appreciation Society(Whom評価協会)」を運営している。

 

どんな場合に「whom」を使うのが適切なのか。その語が前置詞ないし動詞の目的語になるときだ。その一例がヘミングウェイの小説のタイトル「For Whom the Bell Tolls(誰がために鐘は鳴る)」というわけだ。その語が文あるいは節の主語の役割を担うときは「who」を選ぶ。

 

言語に関する本を何冊か執筆しているデラウェア大学のベン・ヤゴダ教授(英語学・ジャーナリズム)は、こういった問題を気にかけている。だが、使うべきところで100%、必ずwhomを使うべきだとまでは主張していない。冒頭のツイッターの言い回しについては、「『whom to follow』にするとあまりにも堅苦しくなって具合が悪い。ソーシャルメディアは感嘆符やなにやであふれているからだ」と話す。

 

作家のカルバン・トリリン氏はさらに踏み込んで、こう主張する。「個人的な意見だが、『whom』という言葉が考案されたのは、あらゆる人が堅苦しい執事みたいに聞こえるようにするためだ」

 

考えてみよう。英国のバンドの名前が「The Who」ではなく、「The Whom」だったら、その音楽を聴きたいと思うだろうか。同じように、映画「ゴーストバスターズ」の有名な主題曲の歌詞「Who ya gonna call?」が「Whom ya gonna call?」だったら、そして、ボ・ディドリーの有名な曲「Who Do You Love」が「Whom Do You Love」だったら、果たしてヒットしていただろうか。

 

脚本家のハーディング氏さえ、実際の人々の話し方については、譲歩の姿勢をみせている。その例外は、同氏の脚本に繰り返し出てくる1224歳の吸血鬼だ。「彼女は『whom』を使うのが適切なときはそれを使う。彼女は古風なキャラクターだからだ」

 

この寛容タイプの対極にいるのが、英国のテレビドラマ「Doctor Who」をもじった「Doctor Whom」だ。これは、アダム・ロバーツ氏が生み出した「文法的に正しいタイムロード(主人公の宇宙人種族名)。同氏はロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校の教授(19世紀文学)を務めるかたわら、SF作品を多く発表している。

 

Doctor Whomの表紙のサブタイトルには「パロディ化に徹底して立ち向かう」とある。リン・トラス氏の文法に関するベストセラー、「Eats, Shoots & Leaves(パンクなパンダのパンクチュエーション―無敵の英語句読法ガイド―)」のサブタイトルである「句読点の間違いに徹底して立ち向かう」にちなんだものだ(訳注=Panda Eats, Shoots & Leaves は「パンダは食い、銃を撃ち、そして立ち去る」となるが、読点を取り除けば「パンダは新芽(shoots)と葉(leaves)を食べる」という意味になる)。ロバーツ氏のDoctor Whomはというと、タイムトラベルをしながら、文法やその他の間違いを直していく。

 

ロバーツ氏は、「私は軽い気持ちで文法の細かいダメ出しをしている。文法的なナチス主義者であることと、ナチス主義者そのものは違う」と話す。同氏は適切なときに「whom」を使い続けており、他の人たちにもそうするよう促している。「ちょっとした上品さが漂うから」だという。

 

 

 

 

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">



 

 

 

英語の文法における whom の正しい使い方

 

英語の文法というと、それだけで堅苦しいとか難しいという先入観がありますよね。
英語の文法は確かにそうです。難しいというか、理解しにくい、ですね。

 

英語の文法から今回の話題である、whom の使い方をみると、文法的に正しいことは
必ずしも日常的に使われるとは限らない、と言えます。
翻訳の立場からwhom について説明していきます。

 

次の文章を英語にしてみてください。

 

(電話で相手に名前を尋ねる時の表現です)

 

「どちらさまですか?」

 

少し難しいかもしれませんが、平たく言えば、「あなたは誰?」ということですね。
これなら中学英語で習いましたから、思いだせるでしょう。

 

「あなたは誰?」 に対する答えをまず考えてみます。

 

「わたしは、山田です。」これなら、英語にするのは簡単ですよね。

 

I am Yamada.   
この文章で、Yamada にあたるのが、「(あなたは)誰?」です。

 

英語で「誰」とは、上記の記事にもあるように、 who     です。
そして、「あなたは」という主語をつけて、

 

You are who.

 

少しおかしな文章ですが、これを疑問文にしていきます。

英語のwho は、疑問詞といいます。文法的に、この疑問詞は文章の最初に来ます。

つまり、

You are who.

ではなく、

Who you are.

となります。これではまだ、文法的におかしいのですが、分かりますか?

疑問詞の文章は、その名の通り、疑問文でないといけません。

疑問文とは、文字通り、疑問に思っていることを相手に尋ねる文のことです。

疑問文にするには、今回の例では、you と are を入れ替えて、

Who are you?

とします。

 

これが初対面の相手に対してならば、少していねいに

 

Who are you, please?

 

ということができます。

 

今回は電話での表現として取り上げていますので、その場合は、

Who is calling, please?

となります。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">



 

 

 

 

 

英語の文法は絶対ではない

 

それでは、「誰をお呼びしましょうか?」という表現を考えてみてください。

ちょっと堅苦しいので、「誰とお話しされますか?」というふうに言い換えましょう。

「あなたは誰?」と同じように、「誰と(お話されますか?)」がありますので、おそらく

who

が最初に来ると思われてたかもしれません。そして、「お話されますか?」は

「話ますか?」ということで、これから起こる未来のことを言っていますので、

現在進行形を使うことができます。つまり、

 

Who are you talking to?

英語で「誰をお呼びしましょうか?」と電話で尋ねる時の表現のひとつだと覚えてください。

翻訳の立場から考えると、この文は文法的には間違いですが、意味とすれば正しい、ということになります。

ややこしい表現ですが、この文を肯定文で考えます。

Who are you talking to?

の  who を

山田さん、に置き換えてみます。

すると、疑問詞がなくなりますので、

Are you talking to Yamada?

となります。 そして、これを肯定文にすれば、

You are talking to Yamada.

となって、文法的にも正しい文となります。

英語の文と日本語の「山田さんと話します。」を比べてみます。

「山田さんと話します。」の「山田さんと」は

目的語といいます。

そして、その目的語の「山田さんと」が分からない場合、

「誰と」にあたる疑問詞が、 whom  です。

 英語で、「誰をお呼びしましょうか?」は、

 

Whom are you talking to, please?

 

というのが文法的に正しい英文です。

しかしながら、

Who are you talking to?

であっても、文法的に間違っているとはほとんどの場合気がつかず、

同様の間違いがさまざまな場面ででてきても、間違いだとは判断できず、

次第に英語の質が劣化していく、と嘆いているのが今回の記事です。

英語は人間が使う言語ですから、時代時代で少なからず変化していきます。

言い換えれば、英語の文法は常に絶対ではないのです。

文法学者のみなさん、質の劣化を嘆くより、もっと柔軟に社会の価値観を

反映する英文法を確立していってください。

英語の文法についての懸念ですが、あなたはどうお感じになられたでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">



 

 

 

 

 

英語から英会話:話すための英文法

英語が話せるようになりたいと思っているあなたは、これまでにどんな勉強をしてこられたでしょうか。

英語が話せるようになるには、英文法をしっかりと勉強することが必要です。

 

 

 

 

 

 

英語を話すための英文法とは

英語を話すための英文法とは、学校で勉強した英文法の知識を英語を話すために 活用するということです。しかし、英文法を勉強して英語が話せるようになるなら、苦労はしない、と感じられているかもしれませんね。

英語を話すための英文法とは、言い換えれば、英文法の知識を活用して、英語を 話す、ということです。英語を学校で学んできて、その知識を活用して英語で話す、ということですが、それは学んだ英語を活用して英語の文章を書く、英語の 文章を読む、などと同じです。要するに、英文法の知識を活用する方法論なのです。古くは「表現文法」として、中国の言語学者、林語堂が提唱しました。

英語を話すための英文法という概念は、残念ながら日本の学校教育では見過ごされてきました。明治維新後、急速な文化の革新が叫ばれ、それを実行するためにはどうしても外国の技術を理解し、運用していくことが不可欠でしたので、英文を正確に読み、理解していくか、というような文字からの情報中心の英語教育が重んじられたのでしょう。それでも明治時代は著名な文化人が海外に向けて、英文で書籍を表したり、海外からの訪問団と技術的なことなどを議論したりと、ちゃんと英語で話ができていたようですが、やはりごく限られた人たちだったんでしょうね。

 

 



 

 

日本ではどちらかといえば、英語を話すことよりも、読むこと、理解すること、 書くことが重要視されてきています。話す英語の重要性が注目を浴びたのは、おそらくアポロ11号での人類最初の月面着陸あたりではなかったでしょうか。人類初というのは月面着陸だけではなく、その模様の中継、そしてなによりも同時通訳といういわば神技のような技術が全国的に披露されました。きっかけはそのような通訳でしたが、それによりコミュニケーションのための英語に対する関心が高まってきて、その結果、それまであまり重要とされていなかった話す英語が見直されてきたようです。

英語を話すという意味で、「英語会話」や「英会話」ということばが使われるようにもなりました。「英会話」というと何か特別な英語という印象を持ってしまうかもしれませんが、つまりこれが話す英語なんですね。そして会話をするから、 「英会話」だと理解しています。

 

 

 



 

 

 

英語が話せるようになりたい日本人は英語が好き?

英語は今や国際語ですと、繰り返し述べてきましたが、日本人は大変な英語好きですね。なぜかと言うと、日本には英語を勉強するためのいろいろなスクールや教材があるからです。最近では、英語を聞き流す、とか、オンラインでの英会話レッスンなど、多岐にわたって、学習者の都合に合わせて学べる環境が整っています。 ある意味、とても恵まれていますね。

英語の必要性が注目され始める前は、NHKの教育番組で「英語会話」とか「基礎英語」など、どちらかといえば地味な放送がされてきました。また、英語といえば英文法という先入観があったのかもしれませんが、街の書店には難しい英文法の解説書が所狭しと並んでいました。

英語をそんな環境から学び、苦労して英語でのコミュニケーションが何とかできるようになったわたしのような者は、今のこのような恵まれた環境というのが、返って英語を学習者から遠ざけているのではないか、と思うときさえあります。

英語の必要性があるからこそ、英語教育ビジネスが発展していくのですね。最近はほとんどないと思いますが、街中の英会話学校では、英語を話すということで、短期間だけ、教師として雇われた青い目の外国人を結構見かけました。彼らはいわば旅行者で、彼らにとっても英語は外国語であったりしてましたが、それでも生徒さんは希望者が多かったので、英会話学校にとっては、いいビジネスだったんでしょうね。

英語が今や国際語であり、日本でもその重要性が叫ばれて久しい今でこそ、英語の質について内容が理解できなくとも、ある程度判断ができるようになりました。それだけ全体の基礎力が向上している、ということですね。

 

英語を話すための英文法を、今一度見直してみてください。そうすれば、あなたにあった勉強法が必ず見つかります。

 

 



 

 

 

 

 

 

英語が話せるようになるためのおすすめの勉強法

突然ですが、あなたは英語を話せるようになりたいと思いますか?

英語が話せるようになると、外国の人たちと会話ができるのでカッコイイ! とか海外旅行で困らないとか、いろいろとうれしいことがありますが、現実はそんなに甘くない、というのも経験されているかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

英語が話せるようになるためには持続が大事

英語がそれでも話せるようになりたいのはどうしてでしょうね。現代は国際化の時代です。ボーダレス、つまり国境のないような自由な文化交流ができる時代です。そんな時代に英語が話せるようになるためのおすすめの勉強法は、音読 です。

なんだか、がっかりさせてしまったかもしれませんね。でもこれって、重要なんです。現代は情報技術がかなり進んでいますので、そんな技術の最先端で英語を簡単に話せるようになるツールが開発されることも期待されています。例えば、自動翻訳機やそれを応用した翻訳サイトなどですが、確かに便利です。わたしも時々使ってますけど、ホントに便利ですね。

しかし、英語をしっかり身につけて話せるようになるためには、音読 が最適です。但しこれには2つの条件があって、あなたは英語のアルファベットが読めること、意味は分からなくてもいいので英語の単語が読めること、が必要です。条件というと大げさですが、要するに中学で英語の授業を受けた経験があれば、大丈夫ですね。

もう一つは、単純作業になってしまう音読を持続していくことです。これって簡単なようで、始めてみると結構大変なんですよ。持続する、つまり同じ状態をずっと続けていく、ということですから、相当の根気が必要になります。

英語はこの二つの条件を守って、決められた通りに音読していけば、必ず話せるようになります。音読を続けるというのは、数回ではなく、数十回でもなく、数百回、数千回、なので、これはどう考えても持続ということになりますよね。

 

 

 



 

 

 

英語が話せるようになるための第一歩

英語が話せるようになるには、音読をすることが必要だと申しましたが、具体的にはどうすればいいのでしょう。まず、準備するものですが、A4サイズのノートを1冊、次に筆記用具ですが、鉛筆もしくはシャープペンシル、そして青のボールペンですね。それと、英和辞書が必要ですが、わざわざ買わなくても既にお持ちのものがあればそれを使ってください。

それから中学3年間の教科書を引っ張り出してきてください。なければNHKのラジオ基礎英語のテキストでもいいですよ。その教科書またはラジオテキストの中に書かれている英文を読んでいってください。そのなかから、あなたが読んで意味が理解できそうな英文を10個選んでください。

英語が話せるようになるための第一歩として、準備ができましたら、選んだ10個の英文を声を出して読んでみてください。つまり、音読 ですね。この時に発音というか、単語の読み方はあまり気にしないでもいいですよ。英文を読んでいって、どこまで意味が理解できるか、という確認作業ですからあまり深刻に考えないでください。また、この時には辞書は使わないでください。

英語の文章を音読して、何となくでも意味が分かればそれをノートの左ページに書いていってください。もしも意味の分からない英文があれば、意味の分かる、または意味の分かりそうな英文に差し替えてください。そのようにして10個の英文をノートの左ページに書いたら、そのひとつひとつの意味を理解するために、不明な単語などは辞書を引いて確認してください。そしてノートの左ページに書いた英文の意味を今度は、ノートの右ページに対象となるように声を出しながら書いていってください。

英語が話せるようになるための音読

英語が話せるようになるためには、このようにして意味の理解できる英文を音読し、ノートに書き写して、その日本語を同じくノートに書いていく、という作業を繰り返していきます。繰り返しというのは、少なくとも数百回、できれば数千回、のことですから、相当の根気が必要とされるのは想像できますよね。この単純ともいえる作業は、あなたの潜在意識にある英語知識を顕在意識に移動させるために必要不可欠です。潜在意識に入り込んでいるあなたが使っていない英語知識、つまり眠った状態です。それを顕在意識、つまり今使っている場所に移動させます。これができるのは英語だけです。なぜなら、わたしたち日本人は、中学3年間で英語の基礎を学んでいるからです。もちろん、高校、大学と進学していいって、もっと専門的な英語の知識も習ってますが、英語の基礎となっているのは中学英語なのです。

英語が話せるようになるための音読とは、声を出して英文を読むことで、あなたの耳であなた自身が発する英語のことばを聞き取り、それを基にして英語の単語を思い浮かべていけるようになります。例えば、It is fine today.という英文を読んで、「今日は晴れです。」と即座に理解できるようになるための訓練です。そして、意味が理解できている英文を書き、その日本語を書くことで、あなたが理解できている英文が目に見えるようになっていきますから、英語に対して段々と自信がついてきます。この自信こそが、英語が話せるようになるために必要な心理的要因です。

英語が話せるようになるための、潜在意識の活用は、いってみれば、忘れていた英語の知識を思い出してもらうための作業です。あなたもこの方法に取り組んでみてください。

 

 

 



 

 

 

英語は文法から始めましょう!おすすめの勉強法

 

 

英語の必要性を痛感しながら仕事をされている社会人であるあなたは、今どんなことで悩んでいらっしゃるでしょうか。学生時代にもう少し英語を勉強しておけばよかったとか、英語の試験は成績良かったんだけど、仕事となると分からないとか、そもそも学校で習う英語と実際の仕事や生活で使う英語は違うんじゃないの?とか、いろいろと悩んでいらっしゃるあなたにおすすめの英語勉強法をお伝えします。それは、

英語の文法から始めることです。

 

 

 

 

 

 

 

なんだ、それじゃぁ答えになってない!とお叱りを受けそうですね。でも、よくよく考えると、社会人であるあなたはこれまで英語に悩まされてきました。それは主に、学校での英語の試験だったのではないでしょうか。試験というのは、授業での理解度を図るのが目的ですから、英語の授業が嫌いだったら、やっぱり試験も良い点数は取れませんよね。それではなぜ、

英語の文法から始めること がおすすめの英語学習法なのでしょうか。

英語

 

 

英語はなぜ文法から始める?

英語の文法、つまり英文法とは文字通り、英語を理解するための文の法則、です。法則というと何かとてもむつかしく感じてしまうかもしれません。

むしろ規則、というほうがいいでしょう。規則といえば、交通規則がありますよね。あなたはたぶん、自動車の運転免許をお持ちだと思います。そして、運転免許は自動車学校に行って、交通規則など学科の勉強と実地の練習をして、無事卒業すれば、実地免除で、後は自動車運転試験場で筆記試験を受けて、合格すると無事、運転免許証が交付される、ということですね。

もしも何の準備もせず、ぶっつけ本番でこの筆記試験を受けたらどうでしょう。合格する人はいるかもしれませんが、ほとんどの場合、不合格になってしまうでしょうね。それはなぜでしょう。つまり、規則を知らないからです。

英語は文法から始める、理由はズバリ、あなたが成人だからです。成人であるあなたは、これまで母国語である日本語で生活してきました。もちろん、日本語はちゃんと理解できます。

それは幼いころから日本語が聴こえる環境で育ってきたので、無意識に潜在意識のなかに日本語の単語や文章構造が植え付けらているからなのです。

それと同じことを英語でしようとすれば、ハッキリ言ってできません。なぜならば、大前提が違うからです。つまり、日本語を覚えたのと同じように、英語の環境で生活することが現実的に無理だという点、また、仮にそれが実現したとしても、成人であるあなたが生まれたばかりの赤ちゃんには戻れないからです。

幼いころに覚えたことは、本人が覚えていないとしても、何かをきっかけに突然思い出す、ということを経験されたことがあるのではないでしょうか。

それが潜在意識にある知識です。

英語の文法は、この交通規則と同じで、英語の規則、なのです。言い換えれば、 交通規則では、信号が赤であれば、止まれ、信号が青なら、進んでも良い、そして信号が黄なら、注意して進め、ということを教えれもらっているからこそ理解が できるのと同じで、英文法では、文章の最初に主語が来て、その主語の後には動詞が来る、ということを教えているのです。もちろんこれ以外にもいろいろな規則がありますが、それは相手に情報を伝えるための手段としての英語を組み立てるのに必要な知識です。

決して、試験で良い成績を取るために必要な知識ではありません。

この潜在知識を活かして、まず日本語で英語の文法、つまり文を組み他立てるための規則、を覚えていくというのが一番効率的だからです。あなたが英語の文法を日本語で覚えていく、ということでなによりも母国語での理解が深まっていきます。そして、覚えていくというよりも過去に習ったことを思い出していくことなので、一旦きっかけさえつかめれば、高いところから低いところへ水が流れていくように、あなたの潜在意識に眠っている英語の知識がどんどん湧き出るように顕在意識に植え付けられていきます。

 

 

 

 

 

中学英語な何英語?

英語はそもそも、英国つまりイギリスで使われている言語ですが、米国つまり  アメリカで使われてる言語も英語です。

今から2世紀以上も前に、コロンブスが新大陸を発見し、夢と希望にあふれて、 たくさんの人々が移民していったのがアメリカ合衆国の始まりでした。当然、  新大陸アメリカで使われた言語はイギリスと同じ英語でしたが、長い年月を経て、元々のイギリス英語からアメリカ英語へと少しづつ変わっていきました。そして、

英語は今や、アメリカで使われている英語、が主流となっています。世界最大の 経済大国であるアメリカですから、当然といえば当然ですが、中学校で教えている英語はイギリスの英語?それともアメリカの英語?という素朴な疑問をあなたは 持たれているかもしれませんね。この答えは、アメリカの英語、つまり米語です。理由はおそらく、世界で主流となっているのがアメリカ英語だからではないか、と推測できます。

中学英語では、英語の基本となる文型を学びます。いわゆる、5文型です。それは 別にアメリカ英語であっても、イギリス英語であっても同じなので、特別気にする必要はありません。それよりも英語はわたしたち日本人にとっては外国語ですから、その外国語の規則に従って、ちゃんと表現できるようにすることが重要です。イギリス英語、アメリカ英語を意識するのは、ちゃんと英語で表現ができるようになってからでいいのです。なぜなら、アメリカ英語とイギリス英語は、あくまでも同じ意味の表現でも使用する単語や発音に違いがあるだけだからです。

 

 

英語

 

英語は受験だけのため?

英語は受験のときだけ勉強しても、必要なくなったら忘れてしまう、というのがあなたの英語への印象ではないでしょうか。学生時代に受験のためとはいえ、覚えた英語の知識は、潜在意識に植え付けられています。それを思い出すだけで、あっという間に昔覚えた英語の知識が蘇ってきます。言いかえれば、学生時代に覚えた英語の知識は決して無駄ではない、ということです。英文法というと、アレルギーを持たれているかもしれません。そのアレルギーの原因は英語という言語をよく知らないからであったり、単に英語の先生が嫌いだったということだったりと、いろいろな理由があるでしょうが、社会人であるあなたは仕事で英語を使う必要に迫られ、何とかちゃんとした?英語を覚えようと必死になられているのですから、その原因をひとつひとつ解消していってください。繰り返しになりますが、英語は受験だけのためではありません。受験生であった時代にはそのように考えていたかもしれませんが、苦労して乗り越えた英語の試験のために学んだ英語は、あなたの潜在意識に眠っています。英語を使えるように、その潜在意識を活かすことから始めてください。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。