ニュースレターの講読はこちらからどうぞ

Google アナリティクスの統計

generated by GADWP 

【お知らせ】コメント欄を廃止しました。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回はお知らせですが、これまでのコメント欄を廃止しました。

あなたのご意見等は、ページ最上部の「お問い合わせフォーム」より、お願いします。

太郎

【文法から学ぶ英語】 基礎編無料講座

こんにちは

太郎です。

文法について

 

ビジネス英語ワークショップ公開講座は

いかがだったでしょうか。

この公開講座は、自習用に準備しました。

ビジネス英語というふうに説明を

していますが、

言い換えれば、英語で仕事ができるように

なるための基礎知識を学んでいただくことが

その目的です。

しかし、いくらアルファベットを知っていても、

また、どれほどの英単語を知っていても、

必要な情報を相手に伝えるためには、

相手が理解できるような文章を組み立てる

ことが必要です。

また、ローマは一日にしてならず、のように、

英語をみにつけるためには、継続して

学習し、前に覚えたことを忘れていたとしても

英文を見ただけで、その内容が理解できるほどの

知識の蓄積が必要となります。

その手段が文法、ということです。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

 

 

何故、文法から英語を学ぶのか

 

わたしたちは、少なくとも中学3年間で

英語の基礎知識を学びます。そして

高校、大学と進むにつれ、細部にわたる、

専門的な知識として、英語を学習する

ようになります。

残念ながら、「受験英語」というものが

存在しているのも事実ですが、

それは、あくまでも受験生が希望する

学校に入学するための手段として、

存在しています。

また、「受験英語」で基本となるのは

やはり、文法です。

科目としては、

英文法

英作文

英単語

英熟語

など、細分されていますが、

それらすべては、同じ英語なのです。

その英語を体系的に学ぶ手段として

文法があり、残念ながら、

受験中心の英語知識が、

実用的でない、という批判も

あります。

コミュニケーション、つまり

意思疎通の観点からは、

こちらの情報を

相手に伝えることができれば、

たとえそれが、文章として

成り立っていないとしても、

目的は達成されるわけです。

しかし、英語が外国語である以上、

相手の間違った情報が伝わることの

ないようにすることが特に重要となります。

そのために、正しい文章の組み立て方とか、

正しい単語の使い方など、言ってみれば、

基本に忠実な英文を書くことや、

基本に忠実に英文を理解することが

どうしても必要となります。

その手段が、文法、なのです。

 

スポンサードリンク




 

 

 

無料講座のご案内

 

そこで、

【文法から学ぶ英語】 基礎編無料講座

をメールマガジンにて、6回に分けて

お送りします。

これまでこのブログや

先の公開講座の動画で

説明してきたことを

更に詳しく解説しています。

また受講者には、質問などにかぎらず

英語でお悩みのことなど、遠慮なく

お問い合わせをいただけるよう、

専用のメールアドレスをお伝えしています。

配信は、

受講者がしっかりとおさらいができるよう

2日に1回、としています。

無料講座ですが、

受講期間に限らず、

希望者には

英語の学習についての

無料コンサルティングを

実施させていただきます。

ぜひご登録ください。

こちらからどうぞ。

↓↓↓

http://mail.os7.biz/m/VwjO

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

 

英語学習の悩み ご相談ください。個別コンサルティング

こんにちは、太郎です。

今回は、

あなたが英語を学ぶときの

お悩みなど、ご相談いただけるよう

英語学習のコンサルティングについての

お知らせです。

 

具体的な課題のある講座ではなく、

あくまでも英語の学習方法などについて

これでいいのだろうか、とか

こんな教材をつかっているけど、

どうなの?とか、

英語の学習についてなら

どんなことでもご相談ください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

↓↓↓

 

Skypeまたは面談による個別コンサルティング

 

 

 

 

              

英語学習の悩み解決します

こんにちは、太郎です。

今回はお知らせになります。

あなたの英語学習の悩みを

解決させていただきます。

詳しくは以下をご覧ください。

↓↓↓

英語学習の悩み解決します 英語学習でお悩みの相談が必要な時に

お知らせ

みなさん、こんにちは

太郎です。

今回は、無料講座のご案内です。

以前にお知らせしましたが、

文法から学ぶ英語 基礎編の

無料講座はメルマガにて

6回の配信になります。

このブログで説明してきた内容と

重複する場合もありますが、

おさらいとしてご活用ください。

また、無料講座に引き続き、

個別の講座を現在準備中です。

こちらは有料となりますが、

これまでの知識を踏まえ、

おひとりおひとりと

面談しながら英語の基礎力を

レベルアップしていきます。

別途ご案内させていただきますので、

よろしくお願いします。

 

無料講座の登録はこちらからお願いします。

↓↓↓

文法から学ぶ英語 基礎編無料講座
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

号外 日本語で理解する英語のプレゼンテーションの基礎

今回は号外です。

英語でプレゼンテーションをするための

基礎講座をセミナー形式で開催します。

場所、日時は別途お知らせします。

ご興味のある方は、

以下のページよりお申込みください。

↓↓↓

改めて、無料講座のご案内です。

みなさん、こんにちは

太郎です。

前回も、お知らせしましたが

【文法から学ぶ英語】 基礎編無料講座

をメールマガジンにて、6回に分けて

お送りします。

これまでこのブログで説明してきたことを

更に詳しく解説しています。

また受講者には、質問などにかぎらず

英語でお悩みのことなど、遠慮なく

お問い合わせをいただけるよう、

専用のメールアドレスをお伝えしています。

配信は、

受講者がしっかりとおさらいができるよう

2日に1回、としています。

無料講座ですが、

受講期間に限らず、

希望者には

英語の学習についての

無料コンサルティングを

実施させていただきます。

ぜひご登録ください。

こちらからどうぞ。

↓↓↓

http://mail.os7.biz/m/VwjO

こちらから空メールを

お送りいただいても登録できます。

↓↓↓

tVwjO@mail.os7.biz

よろしくお願いします。

それではまた、お会いしましょう!

文法から学ぶ英語 基礎編無料講座 ご案内

みなさん、こんにちは

太郎です。

前回、お知らせしました無料講座ですが、

【文法から学ぶ英語】 基礎編無料講座

として、

メールマガジンにて、6回に分けて

お送りします。

これまでこのブログで説明してきたことを

更に詳しく解説しています。

また受講者には、質問など遠慮なく

お問い合わせをいただけるよう、

専用のメールアドレスをお伝えしています。

配信は、

受講者がしっかりとおさらいができるよう

2日に1回、としています。

無料講座ですが、

受講期間に限らず、

希望者には

英語の学習についての

無料コンサルティングを

実施させていただきます。

よろしければ、ぜひご登録ください。

こちらからどうぞ。

↓↓↓

http://mail.os7.biz/m/VwjO

こちらから空メールを

お送りいただいても登録できます。

↓↓↓

tVwjO@mail.os7.biz

よろしくお願いします。

それではまた、お会いしましょう!

無料講座のご案内

みなさん、こんにちは

太郎です。

今回は無料講座のご案内です。

文法から学ぶ英語 基礎編無料講座を

メールマガジンにて、6回に分けて

お送りします。

よろしければ、ぜひご登録ください。

こちらからどうぞ。

↓↓↓

http://mail.os7.biz/m/VwjO

 

こちらから空メールを

お送りいただいても登録できます。

↓↓↓

tVwjO@mail.os7.biz

よろしくお願いします。

それではまた、お会いしましょう!

英語の基礎力とは

みなさん、こんにちは

太郎です。

今回は、英語の基礎力について

考えます。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


英語の基礎力とはズバリ、

ABC が書ける

英語の単語の意味が分かる

英語であいさつができる、

など、いろいろ考えられるでしょうが、

理想的には、英語であっても

日本語であっても、その違いを

意識せず、どちらの言語で

話を聞いても理解できる、

ということになるかもしれません。

でもそこまでいくには

どれほどの労力が必要となるのでしょうか。

ちょっと想像がつきませんね。

最近は、例えば

聞き流すだけで英語がわかる、とか

これを覚えるだけで英語が話せるようになる、など

あたかも何もしなくても

英語がすぐに身につくような印象を与えている

教材やスクールなどが氾濫しています。

よくよく考えてみれば、

それだけ簡単に英語が話せるようになるのなら、

仕事であっても、

旅行であっても、

コミュニケーションに困ることは

なくなっていくはずなんですが、

実際はむしろその逆、のようです。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


これは英語などの

語学に限らず、

なんにでも当てはまると

思いますが、

やはり、地道に毎日

取り組むことは

必要不可欠なんですね。

日本のことわざに、

急いては事をし損じる

とあります。

Slow and steady wins the race.

また、効率的に

英語を覚えていくためには

やはり

文法が重要なんですね。

受験のための文法ではなく、

コミュニケーションのための

文法なのです。

例えば、電車に乗る

という文章は、

英語で、

        on a train

を使って表現しますが、

これが、

         in a train

でも相手は理解できます。

しかしながら、英語の試験では、

         on the train

が正しくて、

        in the train

が間違い、とされてしまう場合があります。

相手に伝える情報を

いかに表現するか、ということは

ひとによって違うのは

当たり前です。

それをひとつに限定することのないよう

いろいろな英語表現を

覚えていってください。

それではまた、次回お会いしましょう!

スポンサードリンク       See You Next Time!






ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。