英語の理解を妨げているのは

こんにちは、

太郎です。

前回、前々回の

動画では

あなたの英語力を

試していただく

課題とその答を

確認していただけたでしょうか。

ここで

前回と前々回の動画を

改めてご覧になってください。

また、動画の内容にかかわらず、

英語に関するご質問がありましたら、

コメント欄から

お送りください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

英語の理解を妨げていること

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、あなたが英語で仕事をするときに

英語の理解を妨げているのは何でしょうか。

少し考えてみましょう。

例えば、

外国人コンプレックス

これは外人に対する苦手意識、と言えるかもしれません。

外人といってすぐに連想するのは、体の大きな英米人の

イメージがあります。最近でこそ、日本人も体格が良く

なっていますが、未だに英米人に対しての先入観が

苦手意識につながっているのかもしれません。

次に

外国語コンプレックス

これは外国語というか、英語に対する苦手意識、

と言い換えてもいいのではないでしょうか。

一般的によく言われるのが、日本人は中学、高校、大学と

約10年間、英語を学ぶけれども、話すことができない、

つまり、コミュニケーションが苦手、である、という

ことです。

更に

英文法が嫌い

これは主に、英文法が受験用の知識習得を前提にして

いるからだと思います。

英文法は必要ない、というような宣伝をみることが

ありますが、英文法は必要です。必要でないのは、

受験用の知識としての英文法です。

なんか禅問答みたいですが、要するに英文法というのは

交通規則と同じで、あなたが自動車を運転する場合には、

交通規則に従わないと違反になるように、あなたが

英語で伝えようとする場合に、英語の規則に従っていないと、

相手がまったく理解できなくなる、ということです。

意外と忘れられているのが、日本語にも文法がある、という

ことです。日本人であるあなたは、日本語の文法、と意識せずに

日本語の文章を組み立て、日本語を話しています。

わたしが「必要ないのは受験用の知識としての英文法」である、

というのは、このようなことです。あなたが英語で仕事をする場合、

英語の文章を組み立てるための知識としての英文法は必要不可欠です。

例えば、契約書で「一方の当事者は他方の当事者と以下の通り合意する。」

という日本文を英語にする場合、この文章の主語は何だとか、

動詞は何だとか意識せずに日本文を充分理解しています。

同じように、英語での主語、動詞などを意識せずに、日本文を英文に

できればいいのですが、英語を学んだのは中学生になってからですから、

日本語のように小さいころから慣れ親しんだ言語ではありません。

そこでちゃんとした英文になるように手助けしてくれるのが、英文法です。

本来はそうあるべきものですが、いつの間にか受験用の知識として使われる

ようになってしまっています。

ちなみに、「一方の当事者は他方の当事者と以下の通り合意する。」は、

“One party hereby agrees with the other party as follows:”となります。

もっと別の言い方もありますし、もっと単語を省略してもいいのですが、

契約書という価値を維持するための表現という観点から英文にする必要があります。

それから、

英語の先生が嫌い

これはやはり、英文法を受験の知識として教えるために英語の先生は

どうしても生徒に嫌われてしまいます。

受験のためには、主語、動詞以外に現在形、過去形、未来形、副詞、

形容詞、動名詞、仮主語、目的語、補語、などこれだけでも

うんざりするような品詞や文型を説明する英語の先生は、

やっぱり生徒に嫌われてしまいますよね。

ちなみに、英語の先生は本当に英語がうまいのだろうかって思ったことは

ありませんか。わたしは中学、高校時代、そんな疑問を持ったことがあります。

それで、英語の授業中に英語の先生にいきなり英語で質問してみました。

そうすると、英語の先生は困ったな、というような顔をして、何とか英語で

答えてくれました。私の英語力はその当時、英語の先生よりも低かったので、

あまり難しいことは質問できなかったということもあると思います。

今でしたら、どうなるかわかりませんね。

最後に、

英単語が覚えられない

これは英文法が嫌い、英語の先生が嫌い、ということの影響で、

英単語を覚えても文章にすることができないので、英単語そのものを

覚えなくなる、と言えるでしょう。

それではまた、お会いしましょう!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。