社会人が英語を身に着けるためのTOEIC 学習法

英語 の必要性

英語 といえば何を連想されるでしょうか。外国語、難しい、英文法、英単語、アメリカ、イギリス、国際化、翻訳、通訳、などなど思い浮かぶものはまだまだありますよね。そもそも、わたしたち日本人はなぜ、英語を学ぶ必要があるのでしょうか。

この質問にあなたはどんなふうに答えていただけるでしょうか。英語ということばを耳にしただけで拒否反応を起こしてしまうかもしれませんが、そこはすこし我慢していただいて、答えを考えてみてください。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

 

英語 を学ぶ必要があるのか、という質問に対する答えは、人それぞれですね。それではあまりにもあっけないので、もう少し具体的に考えてみます。私たち日本人が学校で英語を学び始めるのは、中学1年からです。もっとも最近は、小学校、早ければ幼稚園でも英語を学ぶ機会があるようですので、日本もかなり変わってきましたね。このように、中学校にせよ、小学校にせよ、英語を授業として教えるということは何を目的としているのでしょう。

この質問はおそらく、英語の先生でもちゃんと答えられないかもしれません。どうしてかというと、英語の先生は、ご自分の仕事として英語を教えていらっしゃるのですから、その仕事が何を目的としているのかちゃんと理解されているかどうか、わからないからです。言い換えれれば、英語の先生は必ずしも英語が得意ではない、ということです。

なんか批判しているように聞こえるかもしれませんが、そうです、批判しています。英語が得意でない先生に教えてもらう英語って、本当に実力がつくのでしょうか。少し不安になりますよね。誤解していただきたくないのは、ここで英語が得意でない英語の先生、というのは、受験英語を教えている先生のことです。つまり、高校受験、大学受験で良い点数を取るために教えることを目的としている先生のことです。もちろん、そんな先生すべて、英語が得意でない、と言っているのではありませんが、受験英語というのは、ひとつの問題に対してひとつの答えしか正解としませんので、どうしても限られた知識となります。本来、ことばは日本語もそうですが、人間が使っていますので、同じ意味でも様々な感情を伝える表現があります。

それを試験というひとつの枠に収めてしまうので、どうしても限定的な知識となるのは避けられません。ここでわたしが、英語の先生は英語 が得意だとは限らない、と断定しているのには2つの理由があります。ひとつはわたしが経験したからです。そしてもうひとつは、私の知り合いのアメリカ人が経験したからです。

本来、英語を学ぶ目的は、新たな言語を通じて、見分を広められるようにと明治時代から国として推し進めてきました。その後、昭和の時代に敗戦を経験し、米国の占領軍の意向もあって、更に英語教育が強化されていったようですね。

そのような過程で、どこでどう間違ったのか?受験英語なるものが脚光を浴びています。くり返しになりますが、受験英語ではほとんどの場合、英語の実力はつかないと言えます。もちろん、中にはちゃんと英語の実力を持った人たちもいらっしゃいますから、決してその効用は否定しませんが、どうしても一過性の英語力、になってしまいます。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

 

 

英語 の実力

英語 の授業で、英語の先生に英語で質問したことがあります。わたしが中学校2年の時です。当時わたしは、NHKのラジオ英語会話を毎日聴いていました。決して自慢ではありませんが、わたしは結構英語の試験も点数が良かったので、段々と英語そのものに興味を持つようになり、中学校で習っているような、単語の意味、英文の意味、日本語を英語にする、いわゆる英作文などではなく、本当の意味で使える英語を習得できないものかと

考えていました。どうすればそれが実現するかと悩んでいたのですが、NHKのラジオ放送が思い浮かび、当時の「基礎英語」を聴き始めました。

それが中学1年のときです。それから更に、英語で会話する、ということに興味が湧き、ラジオ英語会話のテキストを書店で買い求めて聞き始めました。確か夕方6時45分から7時まで放送されていましたので、中学生としては聴くのに都合の良い放送時間でした。

 

講師は早稲田大学の教授で、アメリカ英語だけではなくイギリス英語も説明していただける、本当に英語の実力のある先生でした。英語の発音も、日本人だとは思えないほどきれいで、いわゆるネイティブのような英語でしたから、お会いしたこともないその先生のラジオ放送に魅了され、自分でもかっこつけて、同じように発音できるよう一生懸命真似してました。

 

そんなことがあって、ある日の英語の授業で、突然英語の先生に英語で質問しました。何を質問したか覚えていませんが、突然のことで英語の先生はびっくりされていました。それでもなんとか英語で答えてくださいましたが、残念ながら私の期待していたような英語ではありませんでした。そんなことを繰り返したので、とうとう英語の先生に嫌われてしまいました。

 

 

 

英語 の先生が街中で突然外国人に英語で話しかけられると、何も言えなくなってしまうことがあるようです。社会人になって、アメリカ人の知り合いも何人かできて、そのひとりが自分の経験として教えてくれたのですが、東京で道に迷いそうになって、近くにいたひとに道を尋ねたそうです。その知人は残念ながら日本語が分からなかったので、おそらく英語が理解できるだろうと思われるひとを探したそうです。

そうすると、雰囲気で分かるのでしょうか、学生何人かと歩いていた手に英語の書籍をもっていた先生らしき人に、英語で道を尋ねたそうです。そうするとその先生らしき人は、明らかに困惑した表情を浮かべ、しどろもどろで受け答えをしたそうですが、傍にいた学生たちがその先生に恥をかかせないように、そっと小声で答えてくれたそうです。英語の先生としては、情けないですよね。

英語 の実力とは何でしょうか。受験勉強だけではなく、日常生活や仕事においても、英語で意思表示できる、というのが実力ということになるのでしょうか。日常生活といっても、わたしたちが日本で生活している以上、英語はほとんどの場合必要ありません。そうなると、仕事で使う英語、言い換えれば、英語で仕事ができる、というのが真の英語の実力、ということになるのでないでしょうか。

 

 

TOEIC 学習法 を考える

英語 の実力といえば、やはり、TOEICでしょう。現在の英語検定試験でもっとも公平だといわれていますが、所詮は試験ですからその点だけを割り切って考えてもらえるといいのではないでしょうか。最近では、TOEICで高得点を取るための講座や参考書などもたくさんあるようですが、TOEIC本来の趣旨は、あくまでもその名称の通り、国際コミュニケーションです。

ちなみに、Test Of English for International Communications というのがTOEICの正式名称です。エラソーに批判などをしているわたしは、あなたから「おまえはいったい何者だ!」とお叱りをいただきそうですね。一応プロフィールにも載せていますが、何年も前にTOEICは900点を取りました。これが最初で最後のTOEIC試験です。

当時勤務していた外資系の企業で、従業員全員にTOEIC試験を受けさせ、その英語力を評価する、ということでしたが、課長以上の管理職は、700点を最低目標とすると発表されていました。結果的にほとんどの管理職がその目標の点数に届くことができませんでした。ちなみにわたしは管理職ではありませんでしたが、支店で最高得点だったそうで、管理職のみなさんは何かとても肩身が狭かったのではないでしょうか。

TOEIC で高得点を取ったのは結果なのですが、特別な勉強などしていません。前述したように、NHKのラジオ放送での英語会話、また、当時は翻訳の勉強をしていましたので、英文和訳、和文英訳などの演習をしていました。翻訳は、もちろん英語の実力が基礎となりますが、それに加えて、翻訳の技術力や何と言っても人間関係が必要です。

詳しくは別の機会に述べたいと思いますが、英語の基礎力を鍛えておけば、TOEIC で高得点を取るのも決して難しくはない、と断言できます。なぜなら、TOEIC は高得点を取るのが目的ではなく、どれだけ英語の基礎力が備わっているかを評価するのが目的だからです。

 

英語の学習法で悩んでいらっしゃるならば、ぜひその点を見直してみてはいかがでしょうか。質問などございましたら、コメント欄やお問い合わせ欄をご利用ください。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた、お会いしましょう!

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。