英語で仕事をすることについて

こんにちは、

太郎です。

前回の動画では

あなたの英語力を

試していただく

課題がありまましたが、

取り組んでいただけましたでしょうか。

前回の動画を

改めてご覧になってください。

いかがでしたか。

課題といっても、

簡単な英作文ですので、

問題なかったんじゃぁ

ないでしょうか。

それでは、答えの動画を

ご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

英語で仕事をすることについて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、前回は私が初めて「英語」と出会った様子を

自己紹介的に説明しました。

まとめると、中学英語で基礎的な知識をしっかりと

学ぶことができましたので、英語で仕事をするように

なってからも、それが土台となって、英語についての

知識が更に広がっていくことができました。

社会に出て仕事をするようになってからは、

初日の自己紹介で説明した通り、

取引の交渉

書面による交渉、契約書作成

外国人訪問者の通訳

外国人従業員の研修への立会い

技術文献、技術文書の英訳

特許文書の英訳

官庁関係の取り調べの立会い及び通訳

勤務先のホームページの英訳

英文の電子メールによる情報交換

電話会議

などの仕事を、英語でこなしてきました。

でもいきなり英語で仕事ができるように

なったのではなく、いろんな失敗を経験し、

同じ失敗を繰り返さないようにしてきたからです。

そんな私の英語力は、中学時代に学んだ

英語が基礎となっているのは間違いありません。

あなたにもその中学英語を基礎として、

英語で仕事をすることに自信を持っていただきたい

と思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国際化のための英語

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、既にご承知の通り、日本の各企業は今、

国際化の波に飲まれ、外資との競争に明け暮れています。

あなたの会社も例外ではありません。今はそうでなくてもいずれは

どのような形であるにせよ、海外企業と競争しなければならなく

なるかもしれません。

大手情報会社が社内の公用語を英語にするなど、

国際化イコール英語、というイメージさえ既成事実化しています。

帰国子女がもてはやされ、少々おかしな日本語であっても、

取引先の外国人や外資系の場合は社内の外国人と英語で

コミュニケーションができれば、高評価が得られ、仕事の質など

あまり重要視されない傾向がありますが、どんなに国際化が進み、

日本人が日本人であることを忘れても、また諸外国であっても

仕事の本質は変わりません。

つまり、人間同士が仕事をしている限り、そこには血の通った

情報伝達、つまり、コミュニケーションが必要不可欠なのです。

情報伝達、つまりコミュニケーション手段として古くは電話、

最近では、電子メールからSNSと呼ばれる、例えば、Facebookや

Twitterなどのソーシャルネットワーキングシステムによって一対一の

コミュニケーションがおこなわれています。

さすがにFacebookを仕事で使用することはないのかもしれませんが、

電話はもちろんのこと、電子メールでの文章のやり取りなど、

国内外の取引先とは日本人でない限り、英語を使っておこなわなければなりません。

それはお互いのコミュニケーション、つまり相手に情報を伝達することが

目的ですので両者で理解できる言語である必要があるからです。

日本人同士なら日本語で問題ないのですが、相手が日本人でなければ、

日本語が理解できない限り、英語でコミュニケーションをしなければ

ならなくなります。

それほど英語でのコミュニケーションは重要ですが、あなたは仕事で

どれだけ英語を使ってコミュニケーションができていますか。

もちろん、あなたの会社では英語でのコミュニケーションは必要でない

仕事環境かもしれませんね。でも、この講座を受講されているあなたは、

大なり小なり英語でのコミュニケーションに関心をお持ちのはずです。

また、英語で仕事をすることについて、いろんな悩みをお持ちのはずです。

それが仕事でなくても、街中で突然外国人に英語で話しかけられるときや、

海外旅行先で道を尋ねたり、ホテルのチェックインだったり、買い物を

する場合に、英語でコミュニケーションができればどんなに楽だろう、

など考えたことがあるはずです。

また、英語でのコミュニケーションができなくて困った経験も

あるかもしれませんね。

そんなあなたの経験や、今の悩みを

コメント欄からお送りください。

一緒に解決していきましょう。

それではまた、お会いしましょう!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。