こんにちは

太郎です。

文法について

 

ビジネス英語ワークショップ公開講座は

いかがだったでしょうか。

この公開講座は、自習用に準備しました。

ビジネス英語というふうに説明を

していますが、

言い換えれば、英語で仕事ができるように

なるための基礎知識を学んでいただくことが

その目的です。

しかし、いくらアルファベットを知っていても、

また、どれほどの英単語を知っていても、

必要な情報を相手に伝えるためには、

相手が理解できるような文章を組み立てる

ことが必要です。

また、ローマは一日にしてならず、のように、

英語をみにつけるためには、継続して

学習し、前に覚えたことを忘れていたとしても

英文を見ただけで、その内容が理解できるほどの

知識の蓄積が必要となります。

その手段が文法、ということです。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

 

 

何故、文法から英語を学ぶのか

 

わたしたちは、少なくとも中学3年間で

英語の基礎知識を学びます。そして

高校、大学と進むにつれ、細部にわたる、

専門的な知識として、英語を学習する

ようになります。

残念ながら、「受験英語」というものが

存在しているのも事実ですが、

それは、あくまでも受験生が希望する

学校に入学するための手段として、

存在しています。

また、「受験英語」で基本となるのは

やはり、文法です。

科目としては、

英文法

英作文

英単語

英熟語

など、細分されていますが、

それらすべては、同じ英語なのです。

その英語を体系的に学ぶ手段として

文法があり、残念ながら、

受験中心の英語知識が、

実用的でない、という批判も

あります。

コミュニケーション、つまり

意思疎通の観点からは、

こちらの情報を

相手に伝えることができれば、

たとえそれが、文章として

成り立っていないとしても、

目的は達成されるわけです。

しかし、英語が外国語である以上、

相手の間違った情報が伝わることの

ないようにすることが特に重要となります。

そのために、正しい文章の組み立て方とか、

正しい単語の使い方など、言ってみれば、

基本に忠実な英文を書くことや、

基本に忠実に英文を理解することが

どうしても必要となります。

その手段が、文法、なのです。

 

 

スポンサードリンク




 

 

 

無料講座のご案内

 

そこで、

【文法から学ぶ英語】 基礎編無料講座

をメールマガジンにて、6回に分けて

お送りします。

これまでこのブログや

先の公開講座の動画で

説明してきたことを

更に詳しく解説しています。

また受講者には、質問などにかぎらず

英語でお悩みのことなど、遠慮なく

お問い合わせをいただけるよう、

専用のメールアドレスをお伝えしています。

配信は、

受講者がしっかりとおさらいができるよう

2日に1回、としています。

無料講座ですが、

受講期間に限らず、

希望者には

英語の学習についての

無料コンサルティングを

実施させていただきます。

ぜひご登録ください。

こちらからどうぞ。

↓↓↓

http://mail.os7.biz/m/VwjO

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク