みなさん、こんにちは
太郎です。

これまで、
時制のなかで
現在形について
説明しました。

そのなかで、
どうゆうわけか
冠詞についても
説明をしましたね。

この冠詞は、
日本語にはないので、
説明するのが難しく、
当然、理解するのも
大変です。

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

 

わたしも冠詞には
悩まされていますが、
簡単に言えば、
英語では
ひとつとそれ以上、
のものを
区別する、
ということです。

そして、
初めて出てくるものと
2回目以降出てくるものを
区別する、
という考えがあり、
それを実行するために、
冠詞を使う、
と考えてください。

例えば、「これはペンです。」
を英語では、

This is a pen.

といいますが、
日本語では
「これは1本のペンです。」
とは普通、言いません。

つまり、
「これは、ペンです。」
という場合、
ペンが1本なのか、
2本以上なのかは、
状況から判断する
しかないのです。

また、単に教科書などに
書かれている文章の場合、
常識的に、1本、と
判断しているとも言えます。


 

 

 

スポンサードリンク


 

 

 



それでは、
ペンが2本以上ある場合、
日本語ではなんと
言うのでしょうか。

やはり、「これはペンです。」
になりますよね。

もちろん、
文章にする場合には、
例えば、

「これらはペンです。」

とか、

「これらは2本のペンです。」

と表現することになるでしょうが

「これらは」という表現は、

あまりなじみがないですよね。

英語では文法的に最初から、
1本のペンと
2本以上のペンとが
区別できるように
なっています。

つまり、「これはペンです。」

This is a pen.

これだけで、1本のペン、
というのが分かります。

そして、

These are pens.

であれば、
「これらはペンです。」
となり、
少なくとも2本以上のペン
であることが分かります。

ここで特別、
「1本のペン」と言わなくても、

This is a pen.

で使われている、

a

という「冠詞」、
文法的には「不定冠詞」
があるので、
ペンが1本であることが
分かります。

これって、便利ですよね。
また、仮に、

This is the pen.

という英文ならば、
「これはペンです。」
というよりも
「これがあのペンです。」
という意味で
使っている、と理解してください。

この文章で、

the

が使われているのは、

「1本のペン」が
既に説明されていて、
既に話した、
「あのペンです」ということを
強調するためだと、
理解しておいてください。

さて、今回の例文では、

   This is a pen.

「これは(1本の)ペンです。」 と

       These are pens.

「これらは(2本以上の)ペンです。」が
出てきました。

この2つの文章の違いはなんでしょう。

もちろん、

pen



pens

もありますが、
それ以外に、

This



These

そして、

is



are
があります。

This

は、「これは(~です)」

Those

は、「これらは(~です)」
という意味で、
文法的には
それぞれ、
「1本のペン」と「2本以上のペン」
の主語になります。

「1本のペン」を単数形、
「2本以上のペン」を複数形
といいます。

そして、
「これは(1本の)ペンです。」や
「これらは(2本以上の)ペンです。」の

is



are

は、それぞれ
単数形の場合に使われる動詞、と
複数形の場合に使われる動詞、
になります。

ここまでの説明で、
中学校の英語の授業で
習ったことを
思い出していただけた
のではないでしょうか。

今回はここまで。

また、お会いしましょう。

See you next time!



 

 

 

スポンサードリンク