英語の基礎  名詞について その2

みなさん、こんにちは

太郎です。

前回に引き続き、

名詞の説明です。

英語では、

数えられる名詞と

数えられない名詞が

ある、と説明しましたが、

その基準は何でしょう。

これはわたしにも分かりません。

ひたすら覚えるしかありませんが、

ある程度英語の単語が

記憶に蓄積されてくると、

数えられる名詞と

数えられない名詞が

なんとなく判断できる

感のようなものが働きます。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


また、数えられる名詞と

数えられない名詞の使い方を

間違えても、学校の試験では

ないので、相手もその意味を

理解しようとしてくれますし、

親切に間違いを指摘してくれる

ことさえあります。

とにかく、間違いを恐れず

使ってみることですね。

また、数えられない名詞を

数えられるようにするには

どうすれば良いか、という

ことを考えてみましょう。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


何か難しい説明でしたが、

例えば、

             I want water.

これは、(わたしは)水が欲しい。

という意味です。

Water つまり、水は

数えられない名詞ですから、

文法的にはこれで間違いありません。

それではこの文の water

を数えられる名詞にするには、

どうすればいいでしょうか。

もしも、

               I want a water.

water の前に

a をつけるという

ことを考えられたら、これは

文法的には間違いです。

なぜなら、water という

数えられない名詞の前には、冠詞のa

はつかないからです。

これが、I want the water. ならば、

以前に話していた「あの水」、ということで、

情報を伝えることができます。

また、文法的にも間違いではありません。

この the という 冠詞については

別途説明をしますね。

話をもとに戻して、

                 I want water.

ですが、この文章を少し応用して、

                I want a glass of water.

とすれば、数えられない名詞を

数えられる名詞にすることができます。

つまり、a glass of

glass は、コップです。

コップは、数えられる名詞ですから、

当然、a glass で

1つのコップ という意味になります。

それを water という

数えられない名詞の前につけることで、

                a glass of water

コップ1杯の水、という数えられる名詞に

なります。

例えば、

                 a glass of water

の代わりに

                 a cup of water

としてもいいのですが、

cup

どちらかというと、コーヒーカップのような

小さな器を連想させますから、

充分使い分けることが必要になります。

それではまた、お会いしましょう!

                      See You Next Time!

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


                 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。