時が経つのは早い!

みなさん、こんにちは

太郎です。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


世界的に驚いた、

アメリカ合衆国の

トランプ大統領は

このところ

各方面から

その政策について

いろいろと抵抗が

あって、

それもまた

話題となってますね。

時が経つのは早い!

ですね。

光陰矢のごとし

という日本のことわざが

ありますが、

まさにそんな感じですね。

Time flies like an arrow!!

この時間というのは

人間の感覚として

最もあいまいなようですね。

例えば、

日本の企業で

長期計画といえば、

10年を一つの区切りとして、

考えますが、

欧米の企業にとっての

長期計画は、

5年なんですね。

短期計画は、

日本企業では、3年

欧米企業では、1年

中期計画は、

日本企業では、 5年

欧米企業では、 3年

という感覚なんです。

別に決まったものはありませんけど、

短期=1年、というふうに

認識しておいてもらえば、

仕事での打ち合わせなどで、

短期販売予測

short-term sales forecast

などが、1年以内の情報であることだと

理解が深まるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


一昔前の日本では、

仕事、仕事が当たり前で、

24時間働けますか!?

というふうなことばが

流行しましたね。

24時間年中無休

working 24 hours round the clock!

これって、表現は立派ですし、

ものすごいインパクトが

ありますが、

実行しようとすると

凄く大変ですね。

そんな古き良き時代の日本は

急速に訪れた国際化の波を

乗り切ろうとしています。

企業であれ、

学校であれ、

国際的なコミュニケーションが

英語でなされているので

否応なしに、英語をある程度

使えるように、

つまり、英語で話したり、書いたり、

聞いたり、読んだりすることが

どうしても必要と

なってきています。

企業は国際的な生き残りを賭けて、

個人は社内での生き残りを賭けて、

英語が使えることが当たり前の

時代となりつつあります。

文字通り、時が経つのは早い、ですね。

Time flies like an arrow.

You have to do business with foreign companies in English.

This is the name of the game to survive!

それではまた、お会いしましょう!

See You Next Time!

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


                       

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。