英語の基礎力をつける

みなさん、こんにちは

太郎です。

これまで、英語の表現などを

ご紹介してきました。

また、必要最低限の文法の

説明をしてきましたが、

やっぱり文法ってむつかしいですよね。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


でも、それを教えることを

仕事とされている学校の先生方に

とっては、やっぱり簡単なことなんでしょうね。

実用的な英語を身につける、ということが

叫ばれてから久しいですが、

受験英語の知識が決して実用的でない、

ということではありません。

ただ、受験英語で使われている英語の知識は

英語国民にしてみれば、

やや堅苦しい、どころか

とても堅苦しくて、もっとやさしく表現できるのに、

というようなこともあります。

語学に限ったことではありませんが、

試験というのは、どれくらいの基礎力があるか、

確認するのが目的で、試験の点数が悪いからといって

そのひとの人生まで悪くなる、ということでもないし、

そのひとの頭が悪い、ということでもありません。

エライ大学で教鞭を取っている英語の先生が、

英語で外国人に道を聞かれ、英語で伝えたのだけれど、

相手には全く理解できなかった、というのは

よくある話です。

わたしもそんな光景を目撃したことがありますよ。

そんなわけで、たぶんあなたも

英語の試験にはあまりいい印象がないのでは??

と勝手に決めつけてます。すみません。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


たとえ英語の試験が悪くても、

英語の基礎力をつけることができます。

つまり、勉強の方法しだいで、

英語の基礎力はアップでいる、ということです。

それでは、どうやって

その英語基礎力をつければいいのでしょうか。

それは、以前説明したような、

英文の音読であり、書き取りです。

これを繰り返すことで、英語があなたの

からだの一部となっていくのが

実感できます。

斬れば血が出るような、英語の肉体化が

実現できるのです。

英語の音読については、

専門的な参考書がいろいろと出ていますので、

そちらをご覧くだされば、

もっと詳しくわかります。

継続は力なり。

Practice makes perfect.

とにかく、続けていってください。

それではまた、お会いしましょう!

See You Next Time!

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


                         

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。