斬れる英語を身につける  ていねいな表現

みなさん、こんにちは。

太郎です。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

 

よく言われていることですが、

英語には丁寧語がない、

というのは、正しくはありません。

日本語の場合、

「~と思います」とか

「~と思う」というのは

丁寧かどうか、という

表現の違いですが、

そこには、話し手が

目上の人であるか、

そうでないか、ということで

言い方を使い分ける、

という意識があります。

例えば、

「私はこれが正しいと思います。」

「これが正しいと思うよ。」

というふたつの日本語の表現は、

英語では、

                       I think this is correct.

というひとつの表現になります。

特別、丁寧語というものがあるのではなく、

場面や言い方で、ていねいであったり、

そうでなかったり、という使い分けを

しています。

それでも、丁寧な表現というのは

英語に存在します。

例えば、

「コーヒーはいかがですか?」

という表現は、英語では、

                             Would you like a cup of coffee?

                             Would you like coffee?

などと言います。

この表現が一般的ですね。

それに対して、

                              Do you want coffee?

となると、「コーヒー、飲みますか?」

というような意味になります。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

 

 

また、

                                  Would you like to have coffee?

は、「コーヒーをお飲みになりますか?」

という意味になります。

なんとなく表現の違いというのが

お分かりいただけたんではないでしょうか。

ちなみに、コーヒーを飲む、という言い方は、

文字通りであれば、

                                  drink coffee

ですが、一般的には

                                  have coffee

とか、

                                 have a cup of coffee

のように、    have

が使われています。

更に、「スープを飲む」とは

                         drink soup

ではなく、

                        eat soup

です。

つまり、英語では、スープは

飲むのではなく、食べる、ということです。

それではまた、お会いしましょう!

                            See You Next Time!

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。