古い話で恐縮ですが・・・

みなさん、こんにちは

太郎です。

アメリカのトランプ大統領も

就任直後の無茶ぶりが

少し修正されてきたようですね。

年齢的なこともあって、

時代錯誤の公約を掲げ、

当選されたので、

それを実行する、という

使命感に駆られて、

各方面に影響を

及ぼしてしまいました。

このところ、

それも落ち着きを

取り戻しつつあるような

状況ですね。

決して弁護するつもりは

ありませんが、

トランプ大統領は、

強いアメリカを

主張していますので、

愛国者なんですね。

二国間協定の対象国

には大迷惑な話ですが、

国を愛するがゆえに、

批判も承知のこと

でしょう。

愛国心とは

関係ありませんが、

「愛とは決して後悔しないこと」

なんです。

この「愛とは決して後悔しないこと」

は、英語で何と表現するでしょう。

これは、

「ある愛の詩」という

映画でのラストシーンに

使われていましたので、

覚えていらっしゃるかも

しれません。

             Love means never having to say you are sorry.

なんだ、言われてみれば、

簡単だ!

そうなんです、簡単なんです。

「後悔」という

難しい単語を使わなくても、

「後悔」という

意味を伝えられるんですね。

ぜひ、この表現を覚えてください。

それではまた、お会いしましょう!

            See You Next Time!

       

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。