英語の基礎力とは

みなさん、こんにちは

太郎です。

今回は、英語の基礎力について

考えます。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


英語の基礎力とはズバリ、

ABC が書ける

英語の単語の意味が分かる

英語であいさつができる、

など、いろいろ考えられるでしょうが、

理想的には、英語であっても

日本語であっても、その違いを

意識せず、どちらの言語で

話を聞いても理解できる、

ということになるかもしれません。

でもそこまでいくには

どれほどの労力が必要となるのでしょうか。

ちょっと想像がつきませんね。

最近は、例えば

聞き流すだけで英語がわかる、とか

これを覚えるだけで英語が話せるようになる、など

あたかも何もしなくても

英語がすぐに身につくような印象を与えている

教材やスクールなどが氾濫しています。

よくよく考えてみれば、

それだけ簡単に英語が話せるようになるのなら、

仕事であっても、

旅行であっても、

コミュニケーションに困ることは

なくなっていくはずなんですが、

実際はむしろその逆、のようです。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">


これは英語などの

語学に限らず、

なんにでも当てはまると

思いますが、

やはり、地道に毎日

取り組むことは

必要不可欠なんですね。

日本のことわざに、

急いては事をし損じる

とあります。

Slow and steady wins the race.

また、効率的に

英語を覚えていくためには

やはり

文法が重要なんですね。

受験のための文法ではなく、

コミュニケーションのための

文法なのです。

例えば、電車に乗る

という文章は、

英語で、

        on a train

を使って表現しますが、

これが、

         in a train

でも相手は理解できます。

しかしながら、英語の試験では、

         on the train

が正しくて、

        in the train

が間違い、とされてしまう場合があります。

相手に伝える情報を

いかに表現するか、ということは

ひとによって違うのは

当たり前です。

それをひとつに限定することのないよう

いろいろな英語表現を

覚えていってください。

それではまた、次回お会いしましょう!

スポンサードリンク       See You Next Time!






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。