英語表現 わたしは日本人です。

みなさんこんにちは、

太郎です。

アメリカのトランプ大統領が

毎日いろいろと話題を提供して

くれてますね。

今朝は、こんな話題です。

Yahoo ニュースからの引用です。

以下のURLからもご覧ください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000013-jij-n_ame

 

 【ワシントン時事】米国務省は3日、イスラム圏7カ国出身者の入国を一時禁止とした大統領令により、米国に入国していない約6万人のビザ(査証)が無効になったと明らかにした。

対象となっているのはイラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの7カ国。

大統領令は入管制度を強化するため、90日の見直し期間を設定。国務省は「(この間にビザが無効になった)個々人に一時的に迷惑を掛けている」と述べた。ただ、いったん無効になったビザが再び有効になるのかどうかは不明だ。

トランプ大統領は2日、自身の移民・難民政策について「わが国は最も緩やかな入管制度を有しているが、その寛容性を悪用するやからがいる」と主張。テロ対策として、一段と厳しい審査を確立すると表明している。

トランプ氏は就任から1週間後の1月27日に大統領令に署名。その後、米国内の空港で7カ国出身者が拘束されるケースが続出し、各地で抗議デモが起きるなど内外で反発を呼んでいる。国務省によると、2015年に発給されたビザは約1100万件という。

この内容については、

現時点での政治判断ですので、

その是非を述べることはしませんが、

ここで話題となっている

「ビザ」つまり、

入国査証 について

少し考えてみます。

ご存じの通り、

私たち日本人が

海外へ渡航する場合、

日本から出国するには、

旅券、つまり

パスポートが必要です。

また、

渡航先の国に

入国するには、

査証、つまり

ビザ Visa

が必要となります。

例えば、アメリカの場合、

日本人であれば、

このビザが免除される

場合があります。

それは、

3か月以内の商用または観光を

目的とする入国であれば、

米国内の滞在先(ホテル等)を

事前に申請することにより

入国査証が免除されます。

そのような申請手続きを

ESTA = Electric System for Travel Authorization

と言います。

言い換えれば、

留学とか駐在とかは、

対象となりませんので、

別途、長期滞在のビザを

申請する必要があります。

このビザなしというか

ビザ免除というのは、

日米二国間協議で

決定されていますので、

アメリカ人が日本に

入国する際にも

同様の対応となります。

今回問題となっているのは、

そのような入国査証免除ではなく、

過去に正当な手続きで

長期滞在の資格を取得した

人たちも含めた、

規制対象国の人たちです。

何を根拠にして規制対象国を

決めたのか詳細が説明されていないため、

報道による表現、イスラム圏、とか

テロ防止対策とか、

あたかも対象国の人たちすべてが

アメリカに対して、暴動を

企てているかのような印象を

与えてしまいがちです。

そこがまた、

感情論からしても

問題のある対応と言えるかもしれませんね。

今のところ、日本は

問題なく現状維持、ということのようです。

安心して米国へ渡航できますね。

それでも、今後の日米首脳会談によっては、

どのように展開していくか、流動的な要素と

成り得るとも言えます。

これまで米国やその他の国々へ

何回か渡航しましたが、

入国の際には毎回、

日本人でよかった、

と感じています。

空港に到着後、

入国手続きをするのですが、

アメリカの場合、

まず、入国管理官の審査です。

日本のパスポートを見せると、

You are from Japan.

とか、

You are Japanese.

と言われる場合があります。

その時には、

Yes, I am from Japan.

とか、

Yes, I am Japanese.

など、受け答えをします。

これって、普通の会話です。

そうすると、入国審査そのものが

速やかに行われる傾向があって、

審査官によっては、

I went to Japan before.

「過去に、日本に行ったことがあるよ。」

など、世間話的なことさえ

話しかけてくることもあります。

また、入国審査の次は、

税関の手荷物検査ですが、

日本のパスポートを見せると、

なんと、フリーパスで通過、

ということがほとんどです。

わたしの前には

たくさんの手荷物を持った

アジア諸国からの

渡航者が

時間をかけて調べられていたので

わたしの番になっても

同じように時間かかるなぁ・・・と

心配していたんですけど、

日本のパスポートを見た途端に、

OK, Go!

と検査そのものが終了していまいました。

いまさらながら、日本という国の

国際的信用度に感謝しました。

それもいつまでつづくのでしょうか。

トランプ政権のゆくえが気になりますね。

それではまた、お会いしましょう!

See You Next Time!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。