病気の表現 インフルエンザにかかりました。 

みなさん

こんにちは、

太郎です。

このところ

記事の更新が

まったくできていませんでした。

すみません。

少し言い訳ですが、

先週後半から、

体調不良というか

風邪を引いたようで、

体中が痛かったんですけど、

病院にいったら、

何とインフルエンザでした!?!

そんなわけで、しばらくおとなしく?

ボーっと体を休めていました。

記事の更新がまったくできず、

すみませんでした。

さて、「インフルエンザにかかりました。」

というのは

英語では何と言えばいいでしょうか。

少し考えてみてください。

その前に、新しいアメリカの大統領は

いろいろと話題を提供してくれてますね。

大統領選挙選から当選確定後、そして

就任前、それから就任式当日、また

就任後となにかとお騒がせな

トランプ大統領ですが、

その姿勢は大したもんです。

何が大したものかといえば、

大統領選で公約したこと、

つまり、公に約束したことを

大統領就任後すぐに実行に移しています。

例えば、メキシコとの国境に壁を作るとか、

特定の国籍保持者の米国への入国規制とか、

TPPからの撤退とか、

その対応の仕方は多少、というか

かなり問題ありますけど、

公約を守る、という姿勢は

日本の政治家のみなさんも

見習う必要がありますね。

いやぁ、トランプ大統領は大したもんです。

President Trump is really something!

トランプ大統領は、歴代のアメリカ大統領とは違い、

まったく政治経験がない、といってもいいでしょう。

そして、なによりも企業家です。

ビジネスマンなのですから、

企業での利益の出し方を知っています。

それをそのまま国に当てはめていいのかどうかは

別の話ですが、

少なくとも、財務に関しては

かなり敏感になるんじゃぁないでしょうか。

メキシコとの国境に壁を作るということに

ついては、その原資をメキシコからの輸入品に

課する関税を増やして確保する、そうですが、

これは別の意味で問題になりますから、

あまり現実的ではありません。

どのようにまとめていくのか

その手腕を見届けたいですね。

また、特定の国籍保持者の米国への入国規制は、

その目的がテロ防止ですから、

事前予告なし、で効果テキメンでしたね。

でもそのおかげで、反トランプが

また増えてしまったようです。

トランプ大統領は就任直後ということで、

これまで経営者として発揮してきた手腕を

そのまま政治に通用すると思ってしまったようですね。

少しフライングしたのかもしれません。

数か月後にはどのように変わっているか、

言い換えれば、政治家として

どれだけ大人になっているか

期待したいと思います。

TPPからの撤退については、

もともとアメリカなしでは

機能しないような仕組みなのですから、

関係諸国へ事前の説明が

あってもよかったんじゃぁ

ないでしょうか。

でも、

それをしないのが

アメリカ的というか

トランプ大統領らしい、

のかもしれませんね。

さてさて、

だいぶ話題がそれてしまいましたが、

「インフルエンザにかかりました。」

これは、英語で

I have the flu.

です。

ぜひ、覚えておいてください。

それではまた、お会いしましょう!

See You Next Time!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。