特別編 アメリカの政権交代 新大統領の英語

みなさん、

こんにちは

今回は特別編として

アメリカ合衆国の

ドナルド・トランプ新大統領の

就任演説について

英語の観点から

説明します。

就任前から

何かとお騒がせの

ドナルド・トランプ新米大統領

ですが、

その就任演説は、

約16分にわたりました。

全文は以下のURLよりご覧ください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-38702737-bbc-int

冒頭のあいさつ

から始まります。

(当たり前ですね・・・)

Chief Justice Roberts, President Carter, President Clinton, President Bush, President Obama, fellow Americans, and people of the world: Thank you.

ロバーツ最高裁長官、カーター大統領、クリントン大統領、ブッシュ大統領、オバマ大統領、同胞のアメリカ国民の皆さん、世界の人々、ありがとうございます。

We, the citizens of America, are now joined in a great national effort to rebuild our country and to restore its promise for all of our people.

私たちアメリカ市民は今、この国を再建し、国民全員への約束を復活させるため、大いなる国家的事業に取り組むべく団結しています。

Together, we will determine the course of America, and the world, for many, many years to come.

私たちは一緒になって、今後何年も続くアメリカと世界の進路を、定めていきます。

We will face challenges. We will confront hardships. But we will get the job done.

課題に直面するでしょう。困難に直面するでしょう。しかし、私たちはやり遂げます。

Every four years, we gather on these steps to carry out the orderly and peaceful transfer of power, and we are grateful to President Obama and First Lady Michelle Obama for their gracious aid throughout this transition. They have been magnificent.

4年ごとに私たちはこの階段に集まり、秩序ある平和的な権限の移行を行います。この政権移行の間、寛大に支援してくれたオバマ大統領とファーストレディのミシェル・オバマ夫人に感謝しています。お2人は素晴らしかった。

いろいろと

その就任に

賛否両論のある

トランプ新大統領ですが、

演説は意外と「まとも」

ですね。

演説はその後、

このように続きます。

Washington flourished – but the people did not share in its wealth.

ワシントンは栄えたが、国民はその富を共有しなかった。

Politicians prospered – but the jobs left, and the factories closed.

政治家たちは豊かになったが、仕事はなくなり、工場は閉鎖した。

The establishment protected itself, but not the citizens of our country.

国の主流派は自分たちを守ったが、この国の市民は守らなかった。

Their victories have not been your victories; their triumphs have not been your triumphs; and while they celebrated in our nation’s capital, there was little to celebrate for struggling families all across our land.

彼らの勝利はあなたたちの勝利ではなかった。彼らの成功はあなたたちの成功ではなかった。彼らはこの国の首都で祝っていたものの、国中各地で苦しむ家族たちにとって祝うに値することはほとんどありませんでした。

That all changes – starting right here, and right now, because this moment is your moment: it belongs to you.

それは一切変わります。まさに今、ここで。なぜならこの瞬間は皆さんの瞬間だからです。これはあなたたちのものです。

It belongs to everyone gathered here today and everyone watching all across America.

今日ここに集まった全員のもの、アメリカ全土で見守っているすべての人のものです。

This is your day. This is your celebration.

今日はあなたの日です。これはあなたのお祝いです。

And this, the United States of America, is your country.

そしてこの、アメリカ合衆国は、あなたの国なのです。

それから、

すっかり有名になった

迷(?)言

が登場します。

 

I will fight for you with every breath in my body – and I will never, ever let you down.

私は自分の命すべてをかけて皆さんのために闘います。そして決して、絶対に、がっかりさせません。

America will start winning again, winning like never before.

アメリカはまた勝ち始めます。かつてないほど勝ち始めます。

We will bring back our jobs. We will bring back our borders. We will bring back our wealth. And we will bring back our dreams.

この国の仕事を回復させます。国境を回復します。富を回復させます。そして私たちの夢を復活させます。

We will build new roads, and highways, and bridges, and airports, and tunnels, and railways all across our wonderful nation.

私たちはこの素晴らしい国の全土で、新しい道路、高速道路、橋、空港、トンネル、鉄道を造ります。

We will get our people off of welfare and back to work – rebuilding our country with American hands and American labour.

国民がもう生活保護を必要としないように、仕事に戻れるようにします。この国をアメリカ人の手とアメリカ人の労働で再建します。

We will follow two simple rules: Buy American and hire American.

私たちは2つの素朴なルールに従います。アメリカのものを買い、アメリカ人を雇うのです。

 

     Buy American

この表現は、これまでの

前後関係から

American = アメリカ製品

上記の訳では、「アメリカのもの」

となっていますが、

「製品」と表現すると

具体的になって理解しやすいですね。

でも、「アメリカのもの」という

表現は、「製品」だけではなく、

「サービス」なども含まれると

理解することもできます。

トランプ新大統領の主張している

政策は、果たしてどこまで実現できるのか

さまざまな業界で混乱を招いているようです。

しかし、「強いアメリカ」を

象徴しているトランプ大統領は、

是非は別にして、米国民だけではなく、

全世界の人々が注目するという

その手法は、

政治家ではなく

実業家としての

自信に裏付けられていると

言えるのではないでしょうか。

わたしたちの生活にも

影響するかもしれない

トランプ新大統領の

今後の行動にも

注目していきたいですね。

 

全文は以下のURLからご覧ください。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-38702737-bbc-int

 

それではまた、お会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。