原文の意味に忠実な訳とは

こんにちは、
太郎です。
前回の解説は
いかがでしたでしょうか。
英語の文章構成について、
基本となる、主語+動詞
を忘れないでおいてください。
さて、今回は

 「原文に忠実に理解する」ことと「原文の意味に忠実に理解する」

という観点から、この2つの違いについて、考えてみます。



以下の和文を比較してみましょう。

尚、括弧内は、原文が使われる状況の説明です。



原文 (会社案内の中に記載されている内容です)

 

Our company is an equal rights employer.

 

和文1

 

わが社は、等しい権利の雇用者です。

 

和文2



従業員は、性別、年齢、思想などのあらゆる差別を受けません。

 

 

さて、和文1と和文2の違いはお分かりでしょうか。

和文1は、「原文に忠実に」表現した文章です。単語の意味は間違っていませんし、

日本語としての体裁も整っています。しかし、「等しい権利の雇用者」とは何のことか、

初見では理解できないというか、なじみのない言葉に疑問に感じる人がほとんど

ではないでしょうか。

和文2は、「原文の意味に忠実に」表現した文章です。しかし、

「従業員、性別、年齢、思想などのあらゆる差別」という原文にない単語を

使っています。でも、日本語としては自然ですよね。

会社案内に載せるとすれば、どちらの訳文がふさわしいでしょうか。

明らかに和文2のほうになりますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

補足説明

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今回の「差別」ですが、アメリカでは古くは人種差別、男女差別、などが

ありました。現在のアメリカでは、差別はないとされています。



もちろん差別は好ましくありませんが、区別はある程度必要です。例えば、

大人と子供を区別する、男性と女性を区別するなど、状況に応じて対応する

ことが必要だと言えます。

また差別とは違いますが、「ハラスメント」つまり「嫌がらせ」が社会的な問題に

なっています。例えば、セクシャル・ハラスメント、つまり「性的いやがらせ」、また

パワー・ハラスメントなどです。音声でも解説していますので、以下のURLより

確認してください。

↓↓↓

それではまた、お会いしましょう。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。