ニュースレターの講読はこちらからどうぞ。

トランプ大統領の発言:ハラスメント

以下は、AFPからの引用記事です。

原文は以下のURLよりご覧ください。

 

トランプ大統領の発言

 

 

 

整形で血だらけ」 トランプ氏が女性司会者を侮辱 党内からも批判

【6月30日 AFP】ドナルド・トランプ米大統領は29日、自身を批判した著名な女性テレビ司会者をツイッターで個人攻撃し、「整形手術で血だらけだった」などと容姿を侮辱した。トランプ氏はメディアとの対決姿勢を一段と強めているが、今回は与党の共和党からも即座に非難の声が上がった。

トランプ氏が矛先を向けたのはミカ・ブレジンスキー氏。ジョー・スカボロー氏と共に司会を務める米ケーブルテレビ局MSNBCの朝の番組で、トランプ大統領を厳しく批判していた。

ケーブルテレビのニュース番組の熱心な視聴者であるトランプ氏は「評判のイマイチな@Morning_Joe(ブレジンスキー氏の番組)が、私についてひどいことを言っているらしい(もう見ちゃいけない)」と投稿。

さらに「どうしたわけか、IQ(知能指数)の低いクレイジーなミカが、サイコなジョーとそろって大みそかあたりに3日連続でマーアーラゴ(Mar-a-Lago、トランプ氏が所有するリゾート施設)に来て、一緒に過ごそうとしつこく誘ってきた。彼女はしわ取りの整形手術で血だらけだった。ノー! と言ってやったよ」と続けた。

トランプ氏はここ数日、米メディアは同氏に関する「偽ニュース」をばらまいているとして攻撃をエスカレートさせてきたが、今回の低俗な投稿には非難が相次ぎ、共和党内部からも批判の声が上がっている。

昨年の大統領選挙の予備選でトランプ氏と共和党候補の座を争ったジェブ・ブッシュ氏は「不適切で、威厳に欠け、大統領にふさわしくない」とツイート。議会の共和党トップであるポール・ライアン下院議長も、大統領のコメントは「適切ではない」と苦言を呈した。

ブレジンスキー氏本人もツイッターで反撃。「チーリオス」のシリアルに手を伸ばす幼い子どもと、同氏への批判に使われてきた「小さな手(子ども)のために」というコピーが写った写真を投稿した。この写真とコピーは、トランプ氏が大統領選に立候補して以来、トランプ批判に使われてきた。

ブレジンスキー氏は29日の番組で、大統領には精神面で問題があるとの見方を示し、政権内の人間は、自分の立場にとらわれて「骨抜きにされることなく」、事態をよく見る必要があると指摘していた。

ブレジンスキー氏は5月に死去したズビグニュー・ブレジンスキー元米大統領補佐官の娘。

 

トランプ大統領の政治家としての素養

トランプ大統領の奇抜さは今に始まったことではありません。

トランプ大統領の性格から判断して、そんなに驚くような

ことではないのですが、

問題はその発言内容です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

なぜ問題かというと、完全に差別発言、しかも女性蔑視や

パワハラという立場を利用しての言動だからですね。

もっとも、パワハラにせよセクハラにせよ

極めて主観的な判断基準なので、

相手が不快だと感じればそれだけで有罪に

なってしまいます。

そのような要素を差し引いても、今回の

トランプ大統領の発言(正確にはツイッターでの

つぶやきですが・・)は、いただけません。

SNSが進化して、便利な時代となりましたけど、

何と言っても発言内容が記録に残ってしまいますので、

裁判などでは証拠採用にならないかもしれませんが、

とにかくどんなことを発言したか、すべてわかってしまいます。

トランプ大統領の失態はそれこそ就任直後のメキシコ国境に

壁を建築することや入国禁止令の発令のみならず、

オバマケアの全面的見直し、パリ協定からの離脱など

いろいろと話題を提供してくれています。

当然、いろいろな場面で、とても政治家とは思えないような

差別発言を繰り返しています。日本だったら、即辞任だと

何もできない某民進党議員らが大騒ぎするようなことの

くり返しです。

一国の大統領は、その国を司る最高責任者です。

企業でいえば、経営最高責任者、CEOです。

トランプ大統領は、確かに複数の企業を経営するCEOです。

しかし、その業績は果たしてどうでしょう。

企業の経営と国の経営とはまったく異なるということが

おそらく理解できなかったのでしょうね。

そうでなければ、既に解決しているというか、

日米でうまく回っている自動車の輸出入について、

不公平だとかゴネることもなかったはずです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

トランプ大統領のあの発言は、前世紀の異物です。

日米自動車摩擦が勃発した当時の価値観であり、

今や日米が共存共栄している成功例であることを

やっぱり認めたくないんでしょうね。

言い換えれば、頭が固いということです。

そんな人には政治家は務まりません。

ましてや、アメリカ合衆国の大統領になど

なれる素養はもともとなかった、ということが

今回までの一連の出来事で証明されて

しまいました。

これから先はアメリカ国民の問題として、

残された任期まで我慢するのか、

それとも罷免するのか、どちらにせよ

強いアメリカには程遠い現実に直面していますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。