ニュースレターの講読はこちらからどうぞ。

英語:教材を考える

英語は今や事実上の世界共通言語です。

この事実は否定できませんが、

日本ほど英語教育に熱心な国はありません。

 

 

 

 

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">



 

 

 

 

もっとも英語教育に熱心なことと

英語を操れることは別のことなのですが・・・

英語を街中で話すことがそんなに珍しくない

現代ですが、それでも突然外国人に

英語で話しかけられたら、少し戸惑ってしまう

ことが多いと思います。

英語を学ぶための教材や学校など

さまざまな需要と供給があります。

英語が日本国民に

浸透してきているのは

ある意味、喜ばしいと言えなくも

ありませんが、あまり行き過ぎた

宣伝には注意が必要となります。

 

聞き流すだけで英語ができるようになるか

英語を学ぶ際に大きなネックとなるのが、

単語でしょうね。単語の意味が分からないと、

相手が何を言っているのか理解できません。

わたしたち日本人は幸いにして中学校3年間で

英語の基礎を学びますから、少なくとも日常生活に

必要な英単語は意味が理解できているのです。

すぐに思い出せないのは、潜在意識に眠ったまま

だからなんですね。

そこでかどうかわかりませんが、とにかく

英語を聞き流すだけで、相手の言っていることが

理解できるようになる、というような教材があります。

別に営業妨害をするつもりはありませんので、

聞き流すだけで英語ができるようになれば、

それはそれでいいと思います。

英語を聞き流すというやり方を

うまく活用することで

英語を文字どおり「聞き流すだけ」ではなく

「意識的に聞き流す」ことができる

ようになります。

わたしのこれまでの経験から言えば、

何も分からない状態で、英語を聞き流しても

その効果は限りなくゼロに近いと言えます。

英語を聞き流すためには、

対象となっている英語の題材について

充分日本語で理解しておいてからでなければ、

砂上の楼閣のように、その時は理解していても

(正確には理解したつもりになっているだけですが)

時間が経つと、やっぱり忘れてしまいます。

英語をいかにして肉体化できるか、ということが

課題となりますが、聞き流すという方法で

それを実現するというのも充分現実的だと思います。

 

 

 

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">



 

 

 

オンライン英会話

英語というか、英会話ということばが

浸透していますが、要するに

英語を話すという意味で使われています。

英会話という表現はまた、場合によっては

英語に限らず、外国語を話す、という意味でも

使われています。

厳密に言えば、外国語を話すという意味で

英会話という表現を使うのは、

完全に間違いですが、

ここではそのことを批判するのが

目的ではありませんので、

避けておきます。

さて、英会話を学ぶ上で必要なのは

「話し相手」です。

「話し相手」といっても、誰でもいいのではなく、

英語の先生でなければなりません。

しかも、日本人ではなく、外国人という

厳しい制約があるので、都会であればともかく、

そうじゃなければ、なかなかそんな機会には

巡り合いませんよね。

そこで登場したのが、オンライン英会話です。

インターネットが普及している現代ならではの

学習方法と言えます。

オンライン英会話スクールは

無数にありますから、それこそ

検索エンジンで「オンライン英会話」を

検索してみると、いろいろなスクールが

ズラッと出てきます。

その中から、あなたに合ったスクールを

選んで、「体験レッスン」を受けることも

いいのではないでしょうか。

オンライン英会話のレッスンは、

SkypeというSNS、つまり

ソーシャルネットワークシステムを

使いますので、

事前にSkypeに登録しておくことが

必要となります。

 

英語教材とのつき合い方

英語を使えるようになりたいという目的で

聞き流す英語なり、オンライン英会話なり

それ以外でも、あなたの学びやすい

方法に取り組まれるのがいいのですが、

それはあくまでも手段です。

英語はことばですから、常に変化していきます。

そのことを踏まえて、ひとつの手段と割り切って

とにかく継続してください。

英語で、

継続は力なり、は

Practice makes perfect.

と言います。

文字通り、練習をすることで

完全な状態となります。

 

ぜひ、頑張ってください!

 

 

 

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1344104101312236"
data-ad-slot="6231859306">



 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。