地球温暖化:パリ協定をめぐるトランプ大統領とフランス大統領の違い

地球温暖化に関するパリ協定をめぐって、フランスのマクロン大統領とアメリカのトランプ大統領の認識の違いが浮き彫りになったようです。

 

地球温暖化:

以下はYahooニュースからの引用です。

 

 

Yahoo ニュース

 

フランス大統領「地球を再び偉大にする」 英語で演説

米トランプ大統領が地球温暖化対策のパリ協定から離脱すると表明したことを受けて、協定締結の地となったフランスのマクロン大統領は、パリの大統領府(エリゼ宮)からテレビ演説した。「判断は尊重するが、とても残念だ。地球の将来にとって間違いをおかした」と断言し、トランプ氏とも電話会談して、そうした考えを伝えたと明かした。そのうえで、目標を下げるような協定の再交渉はないと明言し、残る国々で責任を果たしていくとした。

フランス語に続いて英語でも演説し、米国の科学者らに向けて「フランスに来てほしい、一緒に(温暖化対策で)働こう」と呼びかけた。そして、「米国を再び偉大にする」というトランプ氏の決まり文句をもじって、こう語りかけた。「地球を再び偉大にする」

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

米国を再び偉大にする We are going to make America great again!

 

地球温暖化対策の国際的枠組みを定めた「パリ協定」からアメリカが離脱するという意思表示をトランプ大統領が示し、それに対して世界各国に混乱を招いているようです。

地球温暖化対策の国際的枠組みであるパリ協定が崩壊すれば長期的には環境に壊滅的な影響が生じると環境活動家たちは警告していますが、それに対して削減目標に反対する勢力は協定から脱退し、CO2排出に関する規制を撤廃することで、米国は今後数十年にわたり数百億ドル規模のエネルギーコストを削減できるとも主張しています。

 

トランプ大統領

 

 

地球温暖化対策は、ある意味、超長期的な対応策でもありますから、ついこの間就任したトランプ大統領が数値的な裏付けもなしに、単なる好き嫌いで離脱を判断するべきではありません。残念ながらこの報道が断片的なので、果たしてトランプ大統領が正式な議会手続きを経て、パリ協定離脱を決めたのかどうかはわかりません。ここから先は、時事問題の解説になりそうですので言及するのは避けますが、ここで注目したいのは、フランスのマクロン大統領の態度です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

地球温暖化は世界的な課題

地球温暖化対策は、主要諸国が中心となり一致して取り組む必要のある課題です。トランプ大統領はおそらく離脱表明が終わった後、そのことを再度認識しているのではないでしょうか。その理由は、フランスのマクロン大統領がこの件についてフランス語で演説をし、「地球を再び偉大にする」と演説の最後に英語で締めくくったからです。わたしは演説そのものを確認していませんので正確ではないかもしれませんが、「米国を再び偉大にする」とは、 We are going to make America great again. と大統領選の時から訴えていましたので、これをそのまま、We are going to make the earth great again. という表現ではないでしょうか。このことばそのものは、演説の一部ですが、注目したいのは、フランス大統領がフランス国民に向けた国内放送であるにもかかわらず、英語を使った、ということです。

 

マクロン大統領

 

 

フランスの大統領が英語を話せることに驚いているのではなく、フランス語第一主義のフランス国民に対して、あえて英語での表現も取り入れたことに、驚いています。フランスを始めヨーロッパ諸国では、例えば、フランス語、ドイツ語、スペイン語など複数の言語で様々な案内がなされています。レンタカーの使用説明書でも、ヨーロッパ諸国で使われている複数の公用語で説明がされています。しかしながら、英語での表記や説明はほとんどありません。それほど英語に対してアレルギーを持っているのかな?と考えてしまうほどです。でも、彼らは英語も理解できるのですから、日本人のような英語アレルギーではなさそうです。

トランプ大統領がその実情を知れば、それこそ別の意味で大騒ぎするかもしれませんが、それほどヨーロッパ諸国は自国の言語および近隣諸国との関係を重要視している、とも言えます。そのような環境下でありながら、英語に対して排他的な姿勢を見せているフランスという国の大統領が、あえて英語を取り入れて演説をおこなったというのは、地球温暖化対策はやはり、世界的な課題だというマクロン大統領の意思表示とも理解できますね。

 

地球温暖化の課題をトランプ大統領はどう乗り切っていくのでしょうか。注目していきたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。