英語から英会話:話すための英文法

英語が話せるようになりたいと思っているあなたは、これまでにどんな勉強をしてこられたでしょうか。

英語が話せるようになるには、英文法をしっかりと勉強することが必要です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

英語を話すための英文法とは

英語を話すための英文法とは、学校で勉強した英文法の知識を英語を話すために 活用するということです。しかし、英文法を勉強して英語が話せるようになるなら、苦労はしない、と感じられているかもしれませんね。

英語を話すための英文法とは、言い換えれば、英文法の知識を活用して、英語を 話す、ということです。英語を学校で学んできて、その知識を活用して英語で話す、ということですが、それは学んだ英語を活用して英語の文章を書く、英語の 文章を読む、などと同じです。要するに、英文法の知識を活用する方法論なのです。古くは「表現文法」として、中国の言語学者、林語堂が提唱しました。

英語を話すための英文法という概念は、残念ながら日本の学校教育では見過ごされてきました。明治維新後、急速な文化の革新が叫ばれ、それを実行するためにはどうしても外国の技術を理解し、運用していくことが不可欠でしたので、英文を正確に読み、理解していくか、というような文字からの情報中心の英語教育が重んじられたのでしょう。それでも明治時代は著名な文化人が海外に向けて、英文で書籍を表したり、海外からの訪問団と技術的なことなどを議論したりと、ちゃんと英語で話ができていたようですが、やはりごく限られた人たちだったんでしょうね。

 

 



 

 

日本ではどちらかといえば、英語を話すことよりも、読むこと、理解すること、 書くことが重要視されてきています。話す英語の重要性が注目を浴びたのは、おそらくアポロ11号での人類最初の月面着陸あたりではなかったでしょうか。人類初というのは月面着陸だけではなく、その模様の中継、そしてなによりも同時通訳といういわば神技のような技術が全国的に披露されました。きっかけはそのような通訳でしたが、それによりコミュニケーションのための英語に対する関心が高まってきて、その結果、それまであまり重要とされていなかった話す英語が見直されてきたようです。

英語を話すという意味で、「英語会話」や「英会話」ということばが使われるようにもなりました。「英会話」というと何か特別な英語という印象を持ってしまうかもしれませんが、つまりこれが話す英語なんですね。そして会話をするから、 「英会話」だと理解しています。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

英語が話せるようになりたい日本人は英語が好き?

英語は今や国際語ですと、繰り返し述べてきましたが、日本人は大変な英語好きですね。なぜかと言うと、日本には英語を勉強するためのいろいろなスクールや教材があるからです。最近では、英語を聞き流す、とか、オンラインでの英会話レッスンなど、多岐にわたって、学習者の都合に合わせて学べる環境が整っています。 ある意味、とても恵まれていますね。

英語の必要性が注目され始める前は、NHKの教育番組で「英語会話」とか「基礎英語」など、どちらかといえば地味な放送がされてきました。また、英語といえば英文法という先入観があったのかもしれませんが、街の書店には難しい英文法の解説書が所狭しと並んでいました。

英語をそんな環境から学び、苦労して英語でのコミュニケーションが何とかできるようになったわたしのような者は、今のこのような恵まれた環境というのが、返って英語を学習者から遠ざけているのではないか、と思うときさえあります。

英語の必要性があるからこそ、英語教育ビジネスが発展していくのですね。最近はほとんどないと思いますが、街中の英会話学校では、英語を話すということで、短期間だけ、教師として雇われた青い目の外国人を結構見かけました。彼らはいわば旅行者で、彼らにとっても英語は外国語であったりしてましたが、それでも生徒さんは希望者が多かったので、英会話学校にとっては、いいビジネスだったんでしょうね。

英語が今や国際語であり、日本でもその重要性が叫ばれて久しい今でこそ、英語の質について内容が理解できなくとも、ある程度判断ができるようになりました。それだけ全体の基礎力が向上している、ということですね。

 

英語を話すための英文法を、今一度見直してみてください。そうすれば、あなたにあった勉強法が必ず見つかります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランキングに参加しています!

太郎の自己紹介

はじめまして、太郎です!
私のブログに訪問していただきありがとうございます! まずは私の自己紹介ページをご覧ください^^

お問い合わせ

分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください!
ご質問、ご相談は下記のお問い合わせフォームからお願いします♪

ブログ村に参加しています。